ヘタレ編み録

へたれ手仕事の記録と、ぐうたらな日々のつぶやき。

久しぶりオレ日記26

栗柿

ごはんのまえに

ごはんがはいっている、たなのうえにのぼるのがすきだ。

きのうは ちゃいろのにーちゃんもごいっしょだった。







栗柿柚

そしたら もじゃもじゃが

ふらいんぐでなにかもらっていた。

ごはんのまえなのに。







栗柿柚

ごはんのまえなのに。







栗福柿柚

ごはんまえだぞ、もじゃもじゃ!

久しぶりオレ日記25


ベッド

このあいだ

かーちゃんが、オレたちのベッドをつくった。






栗柚

でも

わりとふひょうだった。





栗

ふひょうっていうか

つぶしてねると

ちょうどいいかんじだった。





柚

みんな、よくつぶした。





栗福柚

ゆっとくけど

オレはつぶしてない。






栗福

おもに、

ちゃいろのにーちゃんと、しましまにーちゃんがつぶして

かーちゃんのこころをきずつけていた。






福

しましまのにーちゃんは

「かわいい」をたくさんもらってるくせに

けっこうわるいやつだとおもう。






福

オレは

「かわいい」はあんまりいわれなけど

まあまあいいやつだ。






柿

「つくりなおしますよ」

と、かーちゃんがいったので

オレはつかいごこちがよくなるように

しどうしてやった。





柿

かーちゃんに

ねこのきもちというものを、おしえてやった。






栗

オレのしどうのおかげで

ベッドは、みんなきにいったようだ。







柚

みんなつぶさなくなった。






福

しましまのにーちゃんは

ますますかーちゃんから

「かわいい」をいっぱいもらっていた。






福

なっとくいかない。






柿

オレは

このベッドは、べつにすきじゃないからねない。

久しぶりオレ日記24


柿

きょう、ひみつっぽいところをみつけた。

はいりたいけど

かーちゃんが、ぎゃあぎゃあいうかもしれないからまよった。






福柿

そしたら

しましまにーちゃんがきて、はいろうとしたから

いいのか?

ときいたら

「しらない」

といってはいっていった。






福柿

だからオレもはいってみた。

おやつはなかったけど

わくわくした。






福柿

ここを

オレの「きち」にしようとおもって

しましまのにーちゃんにきいたら

にーちゃんは、もういなかった。





柿

そして

オレだけ

かーちゃんに、しかられた。





柿

まあ

しかられても

べつになんともない。




久しぶりオレ日記23


柿

おさかながいねーな。

とかーちゃんにいったら

「30円ちゃんは、桃さんがおでかけしたそのすぐ後に、

おでかけしてしまいましたよ」

といった。





柿

オレはきょうきがついた。

しょっくだ。


「桃さんも、めだかちゃんも、30円ちゃんも

虹の橋で、元気に遊んで、たくさん食べて、たくさん寝て

幸せにしていますよ」

と、かーちゃんがいった。





柿

「にじのはし」は

おいしいものをたべほうだいなところがすごいとこだ。






柿

もじゃもじゃにおしえたら

「にじのはし」にいきたがるだろうとおもった。






柚

そしたらかーちゃんが

「虹の橋は、神様が決めたヒトしかいけません」

といった。






柿

じゃあ、オレはいつたべほうだいにいけるんだってきいたら

「全部、神様が決めるから、かーちゃんはわかりませんが

ずっとずっと先だと思いますよ。」

といった。

たべほうだいにいくのは、なかなかむずかしいらしい。





柿

かーちゃんが

「きょうはささみをたべましょう」

といった。

やった。





I'm sure your cat was happy with your love.
日々徒然 | Comments(-) | Trackbacks(0)

久しぶりオレ日記22


柿柚

きょうもかーちゃんは

なんもつくらなかった。





柿柚

でも

もしかすっと

ようぐるとをたべるかもしれないから

まってるオレたち。