ヘタレ編み録

へたれ手仕事の記録と、ぐうたらな日々のつぶやき。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年03月
ARCHIVE ≫ 2008年03月
      

≪ 前月 |  2008年03月  | 翌月 ≫

野呂糸がやってきた。

もう少し待たされても良かったのに、あっという間に届いてしまいました。

 太陽

「太陽」の1番です。

野呂糸はこれが3種類目。
と言ってもまだ編んだことはなくて、見てニタニタしてるだけ。
今回届いた糸が、ワタクシの野呂糸デビューとなる予定です。

 080331 (1)

想像していたよりも柔らかくて気持ち良いです。
肌が弱いアタシの首に当てても、あまりチクチクしません。

糸の太さも縒りも、一定ではないようなので、編み目が揃わなくても目立たないかも。
それにしても綺麗な色です。

シルクガーデンとくらべると、こんな感じ。

 080331 (8)
           (左が太陽、右がシルクガーデン)

ほんの少し、シルクガーデンの方が細いような気がします。

↑の写真を見てもわかるように、どうやら似たような色を買ってしまった模様。
写真を撮る時に気が付きました。
次の野呂糸は、とんでもなく冒険の方向で。

*****

さて、問題のLady Eleanorの練習でありますが、
なんとかここまで出来ました。

 080331 (10)
             (編み目がファンキーです)

K1f&b」って、1つの記号だったのですね。
K1」と「f&b」は別物だと思ったアタシは、
K1」を指定された「f」という場所と「b」という場所に何かするのかと。(笑)
何かって何なのかもわかんないんですけども。 ┐(´-`)┌

巻末の参照のページをきちんと見れば、すぐわかることだったのに
ホント、へたれです。
ちなみに、K1f&bはコチラによくわかる映像があります。

本の巻末の方にある編み方説明のイラストと、Knitting Help.com
ほとんどのことがわかると思います。


あと、他に分からなかったのが「拾い目」。
どういう風に拾い目をしたらいいのかわからなかったので、
Ravelryで他の方が編まれたLady Eleanorを片っ端から見て回りました。
ほぼ、全部。(笑)

蛇もそうでしたが、しくみが分かればそんなに難しくないのでありますね。
ただ、そのしくみを理解するのに時間がかかるのですけど。(笑)


そんなワケで、棒針初心者で英語がダメなアタシでも、なんとかいけそうです。

ただし、それが正しいかどうかは不明な件。