ヘタレ編み録

へたれ手仕事の記録と、ぐうたらな日々のつぶやき。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年10月
ARCHIVE ≫ 2008年10月
      

≪ 前月 |  2008年10月  | 翌月 ≫

ソレントのレッグウォーマー完成

編み散らかしの中から、ようやく一つ編み終わりました。

レッグウォーマー
当然ですが、私の足ではありません。(笑)

パターン : №40848168 レッグウォーマー (Design / Puppy
使用糸 : パピー ソレント #605 (ウール100%, 40g/120m)
使用量 : 約120g (3玉ほぼ使い切り)
使用針 : 120cm輪針 (メビウス針) 6号
その他 : 伏せ止めを二目ゴム編み止めに。  長さ/約60cm


パピーさんのフリーパターンです。
かかとの部分にあきががありますが
そこ以外は、普通の二目ゴム編みをひたすら真っ直ぐ編むだけです。

自分の丸太のような足には入らないんじゃ…
という不安からか、少しゆるめに編んでしまいました。

でも、普通に編んでも大丈夫だったみたいです。

アームウォーマー
足より腕の方が太いではないか。(呆然)


アームウォーマーにもなるそうです。
でもすごく長いので、くしゅくしゅしないと
わきの下まできちゃいます。(笑)
かかとの穴から親指をだすのでしょうかね。

ゴム編みは苦手でして、編み目が怖ろしく汚いのですが
糸のおかげであまり目立たないような気がします。
やっぱ段染め糸っていいなぁ。


新作!秋冬毛糸 パピー ソレント/260

ソレントは少し硬めで弾力性のある糸でありました。
(肌の当たりが硬いような気がします)

パピーさんのところで、この糸を使った靴下のフリーパターンがあり、
ウール100%だけど耐久性は大丈夫か?って思っていたのですが
この固さだと、案外平気なのかもしれません。
フェルト化もしにくいようです。

いつものようにフェルト化して糸をつなごうと思ったのに
ほとんどフェルト化してくれませんでしたから。

防縮ウールなどはフェルト化しにくいですけども
この糸も何か秘密の加工とかしてあるのかな。

603番の方は、靴下にしてみようと思います。


ところで、桃さんは未だにこのレッグウォーマーを怖がって、
見つけると弱々しいパンチをビクビク繰り出しています。
でも、私の太い足に装着すると、無関心になります。
なんだかヤな感じー。


*****

さて、
お次はポンチョ!
と思っていたのですが、珍しくオットから要望があったので
在庫糸からベストを編み始めました。

ベスト

おうちで着るので、編み目は気にせず編んでますが
前後を同じ大きさに編めるのか、非常に不安。

なぜ、皆さん、同じ大きさに編めるのかしら・・・。