ヘタレ編み録

へたれ手仕事の記録と、ぐうたらな日々のつぶやき。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月
ARCHIVE ≫ 2015年12月
      

≪ 前月 |  2015年12月  | 翌月 ≫

ラップランド風のミトン

こんにちは。

お日様がでているのに、部屋の中は冷えきっています。

今度、生まれ変わったら、お日様があたって、頑丈で
断熱材が入っていて、防音もばっちりな家に住みたいです。

あと猫が日向ぼっこできる、ベランダとサンルームがあれば、
もっといいです。
どうぞよろしくお願いします。(←?)




            イラスト




すてきにハンドメイドの、嶋田先生のミトン編みました。

ミトン


パターン :

より P4 「ラップランド風のミトン」 (デザイン / 嶋田俊之さん)

使用糸  : ハマナカ フェアレディー50 col.2  35g
       ハマナカ フェアレディー50 col.21  23g
       ハマナカ フェアレディー50 col.80  19g
使用針  : KA 80cm輪針 1号


最初は、指定通り3号で編んでいました。

横幅が、少し大きかったんですけど、許容範囲かなーと思ってたんですが、

ミトン

縦が長くなって指先がデレンデレンになると、
使い物にならないじゃないか、途中で気付きました。(遅)

せっかくのかわいい模様を省略するのも忍びなくて、


ラーメン

一度ラーメンにしました。

ぐあーってほどいたら、すごく絡まってしまって泣きました。




そして、昨日、できあがりまして、さっそく写真を撮っていたところ、

ミトン

指の模様の間違え発見。

しかも、両方とも間違ってました。(´・ω・`)




ミトン

で、昨日の夜、指を編み直しました。

本体と指の模様が、きっちり合っていて、
本当に、嶋田先生はきっちりした方なんだなあと。

細部まで手を抜いてはいけませんよ!
と、言われてるみたいで、背筋が伸びる思いでありました。




ミトン

難しそうに見える縁編みですが、
写真の解説が付いているので、すぐに理解できました。

とにかく、編み図も丁寧だし(わたり糸をはさむとこまで書いてある)
親指の拾い目も、大変わかりやすい図があるし、
さすが、NHKのテキストでございます。

コツは、嶋田先生がテレビでもおっしゃっていた通り、
「糸玉の位置を動かさない」ことです。
やってみて、なるほどなるほど、と思いました。



ミトン

並太を1号で編みましたので、風なんか通しません。(笑)
すごくあたたかいです。



ミトン

3号から1号に変えて編んで、横ゲージはだいたい合いましたが、
縦ゲージはまだ大きくて、結局、製図通りの大きさに編めませんでしたが、
許容範囲ということで(私的に)、これにて完成にいたします。

ゲージが合わなくて苦労しましたが、
編むのはとっても楽しく、ワクワクしました。

また、いつか、色を変えて編んでみたいと思っています。




ミトン
(テキストの真似写真)





              イラスト





柿

ものぐさ柿が、また栗に体をお手入れしてもらってる....






福柿

     なにぷ?            なんだ?


と、思って開けたら、福ちゃんでした。






福柿

福ちゃん...
そんな毛の多いヤツ舐めてたらお腹に毛がたまるよ。

おかーたんの、すね毛なんか、ちょっといい感じだよ。

少しかたいけど。





福柿

         カリカリ10コでカワッテやるぞ?



(# ゚Д゚) ムッ!



今日の予定は、ノープランです。

風邪がいまひとつ、全快しないので、昼寝をいっぱいして治そうかと。

寝っころがりながら、編み物できたらいいんですけど、
そんな器用なことできないのが残念です。

それでは、今日もどうぞよき1日を。(´ω`)




             イラスト