ヘタレ編み録

へたれ手仕事の記録と、ぐうたらな日々のつぶやき。
TOPヘタレ手しごと ≫ へたれ工作 その2

へたれ工作 その2

昨日に引き続き、へたれ工作です。

こちらは、材料を購入してから早3ヶ月。(笑)
オクで安くてカワイイ物を見つけてしまい、モチベーションがだだ下がりしまして
すっかり放置してましたが、ようやく作りました。

糸を2本立てられるスプールスタンドであります。

糸立て3

以下、無駄に長くて伝わりづらい文章になってますのでたたみます。



*****

私が作った糸立ては、きんしょうさんの糸用に棒が細めになっていますが
普通のコーンしか使わない方は、もっと太い棒で作った方がラクだし頑丈かも。

ちなみに、きんしょうさんの糸はこんな木の筒に巻いてあります。
工作2


へたれ工作その1じゃ物足りないという方は、こちらをぜひ。

ただし、当方、木工など工作に関してはズブの素人で、何の知識もありません。
大変な間違いを犯している可能性もありますので、その件に関してはご了承ください。



*へたれスプールスタンドの作り方*

●材料●
・土台の板 (私が使ったのは、ホームセンターで399円)
・棒 (同じくホームセンターで250円/前回作ったものの残り)
・ネジ 適当な大きさのものを3個
・針金のようなもの(太めのクリップとか、針金ハンガーとか)
・適当な大きさ・形の木片など(穴をあけられてボンドが使えるならなんでも)
・ボンド

道具は へたれ工作 その1 とほぼ同じです。
他に必要なのはペンチ。


まずは、板に3箇所、きりで穴をあけます。(糸と、ガイドの棒を立てる所)
そして、板の裏側に、ねじ山が入る分の大きさの穴を
適当な工具を使ってちょいちょいっと掘ります。
※ねじ山が入る分だけです。

板が薄い場合、あまり深くほるとマズイですので要注意です。

工作2-3
上の道具は、例のグルグル回すやつに装着して使うのですが
面倒くさいので、手でそのまま回して穴を掘りました。(笑)

ちなみに、ダ○ソーに売っているのは、↑に持つところが付いてます。

穴はこんな感じ。(裏面)
工作2-4
次に、棒を好きな長さに切り、穴をあけます。
細い棒の場合は、下穴をあけないと99%マズイことになりますので
きりや穴をあける工具を使って、できるだけ垂直になるようにあけます。
(太い棒でも、かなりの確率でマズイことになりますので注意)

工作2-2
ねじで組み立てます。

工作2-5

でも、太い棒などを使う場合は、ぶっちゃげ↑の工程を無視して
ボンドで貼り付けてもいいような気がしますがどうでしょう。だめ?

*****

さて、次は糸のガイドになるものを作ります。

針金系の物を、ペンチを使って適当に曲げたり切ったりします。
私は不用になったカーテンのフックを使用。 

適当な大きさの木片など(丸いやつ)に、棒に挿しこむ穴をあけます。
道具は好きなモノを使ってください。
ちなみに、私は彫刻刀を使いましたよ。(懐かしすぎる)
そんなに深い穴じゃなくても大丈夫です。
かなりいい加減にあけたけど、木工用ボンドで隙間をふさぐのでなんとかなりました。

硬すぎる木を選ぶと、穴をあける作業が大変です。
私は選択を間違えたので大変でした。(´ー`)┌

針金を差し込む穴を、角度を確かめてから、きりであけます。
柔らかめの針金類を使う場合は、後で手軽に修正ができるので
それほど神経質にならなくてもOKです。

工作2-6
角度に気をつけながら、ボンドで固定します。
私の場合は、針金と木は瞬間接着剤で、木と木は木工用ボンドを使いました。

順序としては
棒に挿す穴をあける→針金をさす角度を決めて穴をあける
→針金をボンドで固定する→乾いたら棒にボンドで固定する
の順番がやりやすいと思います。

充分に乾かしたら出来上がりです!

工作2-7
こちらの糸立ては、さすがに数十分ではできませんが
2時間もあれば、お茶なんかしながら余裕でできると思います。(たぶん)

実質かかったお金は、板と棒で650円。
家の不用品や廃材などを利用すれば、もっと安く作ることができると思います。

これで以前作った1号と合わせると、3本どりまでいけます。
スプールスタンド
ただ、問題なのは、若干かさばるので使わないときが邪魔。(笑)
簡単に分解できるけど、ねじがバカになりそうな気がして。
なんせ、へたれ工作ですし。

オクで販売してたものは、ラジオのアンテナみたいな物を使用していて
伸び縮みするので収納しやすそうでした。
ほかにも、私が丸い木を使った部分や、糸を立てるところに
木でできた人形を使ったりしてて可愛かったです。
って、なんかまわし者みたいですね。(笑)


今回作ったのは2本立て用ですが、
1本立ての方はもっと簡単&スピーディー&安価に作ることができます。

スプールスタンド1号
ほら、棒に穴をあけてクリップを挿してるだけですよ。(笑)
これでも問題なく使えます。

もっと簡単なことを言えば、昨日作った糸立てに糸のガイドを付ければ
良いってことですね。(長々書いた意味なしだな…)


コロコロ転がっちゃって、イラっとしながら編んでるそこのあなたも
アイロン台の足に突っ込んで回しながら編んでるそこのあなたも
けがに注意して、さぁ、レッツギコギコ。


Comment

編集
ぎくぅっ!!!!
アイロン台の脚にさしてるよ、今・・・。
やっぱ作るべき?
でもアイロン台、けっこうイケルんだよ。
2008年07月31日(Thu)
便利そうですね
編集
 スプールスタンドというのですか。ヤフオクで検索してみなくちゃ。
 私は、さおり用の道具から、コーン立てを購入して使っています。木のコーンは、幸いなことに、まだ巡り会っていないのです。こんな細い木のコーンじゃ、使い勝手が悪すぎる!
 きんしょうさんでは、染め用の生成り糸をかせで買ったことしかないので、新発見でした。絶対にかせで注文しよう。でもその前に、在庫を減らす努力をしよう。あー大変…。
2008年08月01日(Fri)
編集
salaさん

そうだと思いました。
脚に突っ込んで、ラストスパート中なんだろうなーって。(笑)
1つあると便利ですよ。
アイロン台、でかいじゃないですか。(笑)
あ、アイロン台の脚の漢字が間違ってたわ。(まぁいいや)


あぜこさん

木の筒、細いでしょう。(笑)
最初は中に棒を突っ込んで、横にして編んでました。
でも、使いにくかったので仕方なく作ったんです。
在庫を減らす努力・・・。(-_-;)
忘れてました。今から頑張ります。
2008年08月01日(Fri)












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL