ヘタレ編み録

へたれ手仕事の記録と、ぐうたらな日々のつぶやき。
TOPヘタレKnitting ≫ ルームシューズ(過去作品)

ルームシューズ(過去作品)

過去作品、第3弾です。

ルームシューズ

パターン :
お気に入りのアランニットお気に入りのアランニット
(2007/09)
不明

商品詳細を見る
 より、P25 「ルームシューズ」 (デザイン/岡まり子)

使用糸 : YOKOTA ブランケット #5(こげ茶) #9(藤色)  (アクリル100%  40g/40m)
使用量 : 各3玉(使いきり)
使用針 : #5  15号輪針2本  10号輪針2本  7号かぎ針
       #9  14号輪針2本  10号輪針2本  7号かぎ針
完成日 : 2007.11月中旬



大きい方はオット用。
足部分を指定針より1号太めで、1模様分余計に編んで長さを調節しました。
足首は寒さ対策の為、編みきりで編めるだけ編みました。


ルームシューズ01b
 ぶっとい足で失礼


で、こちらの糸、
編んでる時から、耐久性については不安がありました。

特に茶色の方は、編んでる端からモケモケと毛羽立ってきて
ケーブル模様がぼやけるほど。
手触りは良いのだけど。

3ヶ月は持って欲しいな…、と思ってたら
茶色は、1ヶ月足らずで足の裏に穴が空きました。(-"-;)

履き始めて3日ほどで、とんでもなくモッケモケになってたので
こりゃだめだ、とは思ってたのですが
まさか1ヶ月とは。 なんてこと。

ただ、藤色の方は茶色よりしっかりしていて、モケモケ具合も半分以下。
茶色よりも丈夫なようです。
他の色はどうなのかな。

デザインはとってもカワイイのだけど…。、
底はかぎ針かフェルトに変えた方が良いかもしれませんね。



でも、ぶっちゃけこの糸はルームシューズにはむかないかと…もにょもにょ。

Comment

編集
初めまして。むかーし自己流で編んでた室内履きにそっくりなので思わず書き込んでます。あったかそうでいいですねえ。
足底部分にフェルトの靴の中敷を縫い付けると丈夫であったかです。中敷が無ければ厚手のフェルトを長円に期って縫い付けるだけでも結構いい感じです。
もうひとつは細編みで長円を編んでとめつける。こっちは綿と毛糸をあわせて編むと暖かくて丈夫で滑りにくいみたいです。
わたしも久々に編んでみようかな。
2008年02月05日(Tue)
編集
osakoさん

はじめまして、osakoさん♪
自己流でこういうのを編まれるなんてすごいですね!
私は編み図なしでは何にもできないので
とても羨ましいです。
つか編み図があっても編めない物がほとんどです。(涙)

靴の中敷ですか。
なるほど!
後で縫い付けるなんて、全く思いも付きませんでした。
綿と毛糸を合わせるのも良いのですね。
いやぁ、本当に良いことを教えていただきました。
ありがとうございます~。感謝感謝です。
次に編む時は、ぜひ参考にさせていただきます。(^^)
よかったら、また遊びにきてくださいねe-343
2008年02月05日(Tue)












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL