ヘタレ編み録

へたれ手仕事の記録と、ぐうたらな日々のつぶやき。
TOPヘタレ縫い録 ≫ オーバルバッグ3号

オーバルバッグ3号

こんにちは。

コチラ、そんなに気温は低くはないんだけど、
今日は雨風がひどくて、外は大荒れのお天気です。

こんな日に歯医者だったら、最悪だったわ。
よかったよかった。

お家にこもって縫ったり編んだりできることに、感謝。
ていうか、ちょっとごめんなさい的なキモチ。
うん、ちょっとうしろめたいキモチ。

ま、いつも割とそんなキモチでいるけれど。

それにしても、黒モヘアは容赦なく眼にキますね。
もうギブアップしたいキモチ99%。

キモチ、キモチとうるさくてすみません。


さて、
オーバルバッグ、3個目縫いました。
どんだけバッグ縫ってんだyo。

オーバルバッグ1

パターン / 雑貨と布のお店 red beans
残念ながら、ネットではパターンは販売されてません。

こちらは楽天じゃないほうのネットショップ。
http://www.redbeans.co.jp/shoptop.html
パターンはいくつか販売されてますが、
オーバルバッグのパターンは今のところ出てないみたいです。

布はこちら。


このバッグのいいところは、布の必要量が50㎝だけのところ。
高級な布でも、50㎝ならば買ってもいいか・・って思える。(笑


今回は、ちょっとだけアレンジしてみました。

持ち手

丸カンを付けて、

持ち手

着脱可能な持ち手を付けました。

持ち手

この持ち手は、昔使っていたバッグに付いていたもので、
長短の長さの持ち手を付け替えられるようになっていました。

で、バッグは使いすぎて寿命がきてしまったけれど、
持ち手はまだなんとか大丈夫そうだったので、
何かに使おうと、とっておいたんです。
丸カンも、そのバッグに付いていたものです。


長い方の持ち手は、このバッグには長すぎたので、
似たようなスナップボタンを付けました。

持ち手

なので、片側だけこんな風になってます。


付けるとこんな感じ。

持ち手

こうして見ると、見栄えが大変悪いですが、

持ち手

表から見ると、ボタンは一個しか見えないので
それほど変じゃないかなと思ってます。

ただ、残念ながら、この持ち手は合成皮革なので、
今度はバッグより先に寿命がきそうです。
(なので、手芸店で高級皮のやつを買ったのであります。)


今回はリバーシブルではないので、
留め具はこんな感じに仕上げました。

留め具

皮のボタンに、皮のヒモ使いでチョーかっちょいいです。

留め具

もちろん、こんなこと、自分で思いつくわけありませんよ、奥さん。
オリジナリティーとか想像力とかって、
他の人には負けないくらい、全然ありませんから。

小さな手づくり展に行った際に、
こんな風な留め具にしてあったのを、
そのままパク・・いや、真似させていただきました。
(バッグも、この布で作ってあったのでした。)


ボタンも皮ひもも、red beansさんで購入。

【ウォッシャブル レザーボタン】大2個set

【ウォッシャブル レザーボタン】大2個set

価格:480円(税込、送料別)



写真には写ってませんが、
裏側の力ボタンに、こっちの小さいのを使用。
(もちろん、まねっこ)

【ウォッシャブル レザーボタン】小4個set

【ウォッシャブル レザーボタン】小4個set

価格:560円(税込、送料別)



皮ヒモをしめる金具は、
使わなくなった、皮のペンダントに付いてた物を利用。

こういう小さいモノって、どこに売ってるんでしょうね。

あった、あった、皮の留め金具っていうのか。


ひゃーこれカワイイ。(脱線)

あとで、じっくり見てこようっと。


ななめがけにするとこんな感じです。

オーバルバッグ

すごく使い勝手がよさそうですよ。

生地とパターンがいいと、下手くそでもステキなモノができますね。
相変わらずミシンの腕は上達しないけれど、
ソーイング初心者から初級者あたりまでくらいは、
進んだのではないかなと、思ってるんですがどうでしょう。

ファスナー付けが上手にできるようになったら、
中級者ってところでしょうか。

ファスナー付けなんて、学生の時以来やったことないけど。
ていうか、やってみようというキモチに、全然ならないのだけど。


それでは皆様、

桃さんとヒモ

ステキな週末をお過ごしくださいませ~。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL